今まで読んでなかった、漫画を読み始める基準やきっかけについて考えてみた。

1.コミックスの表紙を見て、新しく買って読むパターン。

これは結構少ない。けど、たまにある。

これで、重要になってくるのは、表紙

一枚の表紙でどれだけ興味を引くことが出来るか。

あと、重要なのはタイトル

これで読み始めたのが『町田くんの世界』

なんか惹かれて、読み始めたが、あたりだった漫画。

タイトルの謎と普通の少年の姿になぜか惹かれて興味を持った。

少女まんがあまり読まないのだが、なぜか惹かれてしまった。

 

あと、前作好きだった作品だと『あれ?いつ新作はじめたの?』って

感じで買う事もある。

 

2.雑誌で途中から読みだして面白そうで読み始めるパターン。

これは結構ある。

雑誌買っても端から全部読まない方なので、

一度読まなかったらずっと読んでなく、

ふと思って読んだら面白さに気が付いて読み始める。

あまり読まないジャンルの漫画でよくやるパターン。

あと、絵で拒絶したとき。

それがこれ。『磯部磯部絵物語~浮世はつらいよ~』

絵で最初読まなかったよね。

でも、ふと読み始めたたらはまったww

 

3.アニメやドラマ化で興味を持って読み始めた

これも割とある。

だいたいメジャーは抑えてるつもりだが結構抜けてることもある。

知ってても読んでないこともあるし、全く知らない場合もある。

血界戦線とかはこのパターン

自分以外にもこういう人は多いはず。

古参からはにわかと言われそうだが。

やはり、アニメやドラマ、映画は影響力があるからね。

漫画を読まない人も読み始めるのはこのパターンが多いと思う。

 

4.だれかにすすめられて読み始めるパターン

これは自分の場合逆にすすめるパターンが多い。

でも、これがなかなか読まない友達で、

アニメや映画になってから読み始めたりしてムキーってなる。

『ずっと前に勧めたやつだから、それ!』

鋼の錬金術師なんて一回目のアニメの前に教えていたのに・・・

二回目のアニメが終わっての今頃読み始めたらしい友達がいる。

 

 5.本屋大賞などのノミネート作で読み始める

 これも近頃よくする。

ほかにも同じような人いると思う。

漫画は『このまんががすごい!』とか『マンガ大賞』とかになるかな。

それで読み始めたのが『響 小説家にある方法』

マンガ大賞は本屋さんが選ぶらしく、ちょっと変化球な作品も多い感じがする。

 なのでちょっと読みにくい作品とかもよくあるし。

通好みと言えばよく聞こえるが、

悪く言えばゲテモノ食い。

マンガは読めば読むほどストライクゾーン広がっていくからね。